Pick yourself up
様々な事情により3年ほど前のボクはそれなりに打ちひしがれていました。

Jazzスタンダードの"Pick yourself up"という曲を子供の頃から聴いています。
「打ちひしがれる時は人生に何度もあること、だけどまた立ち上がればいいじゃない。」

Nothings impossible I have found
For when my chin is on the ground  I pick myself up, dust myself off, start all over again
Don't lose your confidence if you slip
Be grateful for a pleasant trip
And pick yourself up, dust yourself off and start all over again
Work like a soul inspired till the battle of the day is won
You may be sick and tired but you'll be a man my son
Don't you remember the famous man who had to fall to rise again?
They picked themselves up, dust themselves off and started all over again


不可能なことは何も無いことに気付いた。

転んでも顎の埃を振り払い起き上がって初めからやり直せるから。


たとえ転んでも自信はなくさないで。

楽しみな行く末に感謝して。

そして起き上がって埃を振り払ってまた初めからやり直そう。


その日の闘いの間中ずっとインスパイアーされていた魂が勝るかの様に勤しもう。

病んで疲れてしまうかもしれないけど、ひとりの男になるんだろ。
再び立ち上がらなければならなかった名高い男を忘れたのか?

彼らは起き上がり埃を振り払い、また初めからやり直したんだ。


自らの足で立ち上がりましょう。
[PR]
by tokyo361 | 2011-03-28 01:58
<< 鳥取へ行こう Tchaikovsky Ser... >>